×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

就職・転職に有利な資格

有利な資格

就職,転職,有利な,資格,

資格を持っているという事は、スキルの証明にもなります。しかし、どんな資格でも良い訳ではありません。企業にとって必要となる資格こそが、就職や転職の際には必要になります。また、そうした資格こそが、有利な資格と言えるのです。

 

通信講座などを紹介しているサイトにおいて、就職や転職に有利な資格のランキングが載せられています。

 

1位は、簿記です。簿記は、経理事務などに必要な資格であり、2級以上で評価対象となる資格となっています。2位は、宅地建物取引主任者です。不動産資格ですが、業界に関係なくニーズの高い資格となっています。また、マイホーム購入や賃貸契約時にも役に立つので、人気の高い資格となっています。3位は、英語や英会話です。

今やグローバル化に伴って、その必要性も重要視されている英語ですが、日本においては、英語教育が遅れているため、話せるというだけで重要視される人材となります。4位は、行政書士です。会社にとって、法律を知っている人間がいるのは、強みとなります。その為、行政書士資格は昇進のカギだとも言われています。5位は、シスアドです。シスアドは、パソコンのスペシャリストです。IT関係の企業だけでなく、今やどこの企業でも使われているパソコンだけに、どこの業界も必要としている資格です。

 

 

パソナで転職して年収が上がった人、多数。相談無料のカウンセリングをどうぞ


資格の取得方法

資格の取得方法は、自分のスタイルに合ったものを選ぶのが良いでしょう。その方法は、通信講座、通学、独学とあります。資格によっては、実技を伴うものもあったり、教材だけでは学べないものもあったりする為、通信講座や独学だけでは資格を取得できない場合もありますが、近年は、取得できる資格も多く存在しています。

 

また、就職や転職をする際に、人材紹介会社や派遣会社などを利用した場合、ビジネススクールや研修、人材紹介会社や派遣会社が提携している資格取得のスクールなどで、スキルを身に付けるだけでなく、資格を取得する事ができ、そのサポートも行っています。また、人材紹介会社や派遣会社を利用すると、就職あるいは転職しようとしている企業にとって必要となる資格を的確に判断し、取得のサポートをしてくれる為、どんな資格を取得すれば良いかがはっきり分かり、また、分かった上で資格取得のための勉強が出来るので、無駄がありません。更に、無料でサポートをしてくれる人材紹介会社や派遣会社もある為、費用の心配もありません。

 

自分での資格取得には、費用が掛かる上に、勉強する時間も必要です。たくさん取得しようと思っても、経済的にも時間的にも難しいものです。ですから、自分の就職や転職しようとしている企業にとって必要となる資格を見極めて、資格取得の勉強をする必要があります。

企業が求める資格

就職や転職に有利と言われている資格を取得したとしても、それが企業の求めている資格でなければ、持っていてもアピールする材料にはなりません。つまり、企業が求めている資格を知っておく事も必要という事なのです。

 

企業が求めている資格で1番人気があるのは、MOSです。MOSは、マイクロソフト社が実施しているパソコンスキルの資格で、マイクロソフトオフィススペシャリストという名称です。この資格は、エクセルやワードなどのソフトを使いこなす能力を計る検定で、パソコンを使用する企業においては、どこでも必要な資格となっています。ユーキャンやヒューマンアカデミー、資格の大原などで取得する事が出来ます。

 

2位はTOEICやTOEFL、英検に代表される英語力です。スキルが点数や級という形で見る事が出来るので、話せるだけでなく、こうした資格を取得しておくとアピールポイントとなります。3位は簿記検定試験です。社会人として簿記スキルは必要なものとされています。取引先との契約や、会社の金銭の流れを把握する上で必要なスキルです。4位はシスアドです。初級システムアドミニストレータが正式名称です。仕事の流れを把握し、システムを改善する能力を証明する資格となります。5位は宅地建物取引主任者です。不動産売買や交換が出来る資格であり、契約締結時に重要事項を説明するのが仕事となります。

 

こうした資格は、通信講座や通学講座、独学でも取得する事が出来ます。

こちらDODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!


女性に有利な資格

近年の日本において、男女差別をなくす方向へと変換を求められる様になりましたが、日本固有の風潮は簡単に消せず、まだまだ男尊女卑的な格差社会の企業も少なくありません。しかし、女性の社会進出が当然となっている今、女性にとって男性と同じ地位で働く為には、能力主義の外資系や海外での就職が勧められる様になっています。しかし、そうした海外進出をする為には、持っておかなければならない資格もあります。つまり、それが女性にとって有利な資格となるのです。

 

海外企業のため、資格もグローバルです。国際秘書検定は、日本語と英語の2ヶ国語を駆使して秘書業務を行う能力検定です。高度な能力に加え、幅広い知識とサポート能力、コミュニケーション能力、あらゆるビジネスマナーに長けていなければならず、日本のみならず、海外の文化にも長けている必要があります。また、日本語教育能力検定も、取っておくと良い資格の1つとされています。これは、外国の人に日本語を教える日本語教員になるための学習者と、教育に携わる人を対象にした、知識や能力が日本語教育の専門家として必要とされる水準に達しているかを計る検定で、日本語の読み書き以外にも、日本における会話指導、文化、習慣、価値観などを教えます。難易度は、合格率20%となっています。

 

その他に、米国の会計基準に基づいて、会計や監査、コンサルティング業務を行う米国公認会計士や、経済の国際化や企業の国際化に対処する為の英文会計検定が挙げられています。

高齢化社会に向けての資格

日本では、高齢化社会を迎えようとしています。その為、医療関係の資格は有利になると思われます。

 

これから仕事を考える人ならば、医師や看護師、化学療法士、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師といった、患者に直接関わるものも選択肢の1つに考えても良いでしょう。

 

また、介護ヘルパーやホームヘルパーなども求められています。就職や転職に有利になるでしょう。

こちらDODAで優良企業の求人を探そう!


就職・転職に有利な資格エントリー